消費者金融とはうまく付き合えばいい

以前、友人が、年末に不幸があり、銀行も開いてないし、帰省代とお香典を賄えるだけの現金も、家にはないので、その時初めて消費者金融からお金を借りたことがあると言っていました。

普段はキャッシングなどをする生活も送っておらず、それなりに苦しくない暮らしぶりの彼女に、消費者金融からの借金などは結びつかないのですが、「そういう利用の仕方もあるんだ」と、目からうろこが落ちました。

友人はもちろん、年明け落ち着いてからすぐに借金は返済し、利息もつかない状態だったと。

多分そういう使い方をすると、消費者金融は強い味方になるのだと思います。消費者金融からみれば、あまり儲けにもならない仕事になりますが、意思の強い人が利用するには、助かる仕組みということになります。

生活苦でお金が足りないから借りる、という借り方をするのは、むしろ消費者金融から見ても、返ってくるあてがない危険があるので、お金を借りる前に、公的な援助を求めに市役所に行くべきです。

お金は、返せる人が借りるべきです。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>