消費者金融と過払い金について

最近よく目にする広告が弁護士事務所による過払い金返還の広告です。これはグレーゾーン金利と言う、18パーセント以上29.2パーセントの間の、とり過ぎた金利を返還するように、弁護士事務所などを通じて、働きかけましょうというものです。
実際に、過払い金はほぼ100パーセント、全額ではない場合が多いですが、戻ってきます。
さてこのグレーゾーン金利をとっていた金融機関と言うと、みなさんはサラ金、消費者金融を思い浮かべると思います。
正解で、消費者金融、サラ金は間違いなくグレーゾーン金利をとっていましたので、訴えれば返還されます。
しかし、大手のクレジット会社、銀行系のローン会社、クレジット会社、有名デパートのカードローンも、ほぼすべて、グレーゾーン金利をとっています。

ここをつい見逃してしまいがちですので、もしもそのようなところから借りていたという方も、自分は関係ないと思わないで、過去の支払いを調べてみてください。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>